ペンキの塗り方

カラートタン、トタンの屋根や塀

手順

使用前に塗料を充分にかきまぜてください。
  • フタを開ける前に缶を逆さにして充分振り動かしてください。元に戻し、フタを開け塗料を角棒や平板などで缶の底の方まで充分にかきまぜます。色ムラもなく、性能を充分に発揮できます。
  • 色見本の色を目安に、充分に撹拌されているか確認してください。
1.下地調整
下地調整

塗る面のゴミやさび、はがれかかった古い塗膜などは皮スキやワイヤーブラシ、サンドペーパーなどでよくとっておきましょう。
また、塗装面が充分乾燥していることを確認してください。

下地調整

クギ穴や、スキ間のあいている所には、コーキング材(塗装できるもの)でうめておきます。大きな穴には、トタン補修用テープをはっておきます。
さびのひどい所は、よくさびを落してから、サンデーペイントの「トタン専用さびどめ」で拾い塗りをしてください。

トタン専用さびどめ 油性 下地用強化シーラー
2.塗り方
塗り方

上から下へ塗るようにして、降りる場所を考えながら塗りましょう。
つぎ目や、かわら棒など、塗りにくい所から細目の刷毛で塗り始めます。

塗り方

広い面は、トタン用の大きい刷毛やローラーで一気に塗ります。
また、コテ刷毛やローラーに、つぎ柄をつけて塗ると、早くきれいに仕上がります。
塗っている途中で、カスレたり、刷毛が重く感じたら、少しづつ塗料で指定されたうすめ液(ペイントうすめ液 、高級ペイントうすめ液 、水道水)を加え、塗りやすい濃さに調整してください。

ペイントうすめ液

屋根を塗る時

塗りにくい所、遠い所から塗ってゆきます。安全のためロープを用意したり、すべりにくい運動靴をはきましょう。

屋根を塗る時

塗る時間のめやす

1日で塗りあげるには、午前中に下地処理を行い、塗装は午後3時頃までに仕上げるようにしてください。
1日ですべてを行なわず、2〜3日くらいにわけて作業するのも方法です。

塗る時間のめやす
3.後片付け
後片付け

使いおわった用具は、古新聞などで、よくふきとった後、使用した塗料で指定されたうすめ液で洗いましょう。洗いにくいときは、弊社の高級ペイントうすめ液をお使いください。
あまった塗料は、缶のフタを固くしめ、一度逆さまにして、元に戻してから日の当らない所、湿気の少ない所、幼児の手のとどかない所にしまってください。

ペイントうすめ液 高級ペイントうすめ液
ご注意(使用方法と取り扱い上の注意)
  • 天気予報を確認し、晴天の続く日を選んで塗装してください。
  • 気温が5℃以下、降雨、降雪の恐れのある時、湿度の高いとき(85%以上)、風の強い時は塗装を避けてください。夜露がおりて結露する季節は早め(午後3時頃まで)に塗り終えてください。
  • 自動車、高級家具、テーブル、床などには使用しないでください。
  • 使用する前には、容器の中の塗料を十分にかき混ぜてください。
  • 取り扱い中は汚れてもよい服装で手袋やマスクを着用し、皮ふにふれたり口や目に入らないようにしてください。また、有機溶剤が含まれていますので塗装中、乾燥中ともに換気をよくしてください。
  • 火気のあるところでは塗らないでください。
  • 使用した用具は、使用後すぐ、使用した塗料で指定されたうすめ液で洗ってください。

■保管と廃棄

  • 子供の手の届かないところに保管し、誤飲、誤食をしないように注意してください。
  • 残った塗料はきっちりふたをして、直射日光を避けて保存してください。
  • 容器は中身を使い切ってから、各自治体の分別方法にしたがって処分してください。
  • やむを得ず塗料を捨てるときは、火気のない屋外で、新聞紙等に塗り広げ、完全に乾いてから一般ゴミとして処分してください。

材料

塗装用具
ハケ類
ローラーバケ

ローラーバケ

すじかいバケ

すじかいバケ

下地調整用具
受け皿

受け皿

皮スキ

皮スキ

充てん材

充てん材

ワイヤーブラシ

ワイヤーブラシ

デッキブラシ

デッキブラシ

ハケ洗い用バケツ

ハケ洗い用バケツ

養生用品
マスキングテープ

マスキングテープ

塗り方講座

ご利用のシーン(場所)から探す

瓦屋根
  • カラーベスト・コロニアルなどの新生瓦やスレート瓦・セメント瓦
トタン
  • カラートタン、
    トタンの屋根や塀
浴室・台所
  • コンクリート・モルタル
室内壁面
  • コンクリート・モルタル、漆喰・ビニールクロス、各種壁紙などの室内壁
鉄 部
  • 門扉・フェンス・シャッター・ガレージ・物置き・鉄骨・建具・パイプ
木 部
  • 外板・羽目板・雨戸・戸袋・ドア・窓枠・工作品